ボーイスカートの男の娘が美少女過ぎて困ったけどナイスだった

ジューリョーAGAINが、ダメダメそうな主人公が出てきて面白そうな直観がしたから読んでみたのです。根暗でオタなで眼鏡な少年はウエイトリフティング部へやってきますが、彼は意識成長というかボディビルといった間違えてきた景色だ。とりあえず、スポーツやってない個々なら、どっちがどっちかわからないのは仕方無いと思います。リーダーとしてはジューリョーAGAINというニックネームから、こういうマンガが重量挙げチックだとわかるのですが、もしかしたらここでも勘違いしている個々っていそうですよね。本人理解が苦手な彼は、流されるように重量挙げを体験する拡張となります。しかし1個々愛らしい婦人が入部やるエリアが、ともかく二状況のマーケットですなあと思いました。ただ彼は人物が異様にキツいエリアが印象の、些か逆がありそうな個々ですね。もちろん、主人公の1年生男性は、弱々しい体調だけにシャフトだけでも上がらないので、仕方無く全身の力で評価を使って重量を上げました。でも、これがウエイトリフティングの極意だと、勝手にスペシャリストが感動して褒め称えた収益、元オタな男性が入部するから嬉しいだ。それで初日の実習が、オモリ無しのシャフトだけをかついでのジャンプだけという状勢ながら、彼はそちらすら出来ないのです。そういった男子が、かなり婦人の提案で、自分のウエイト近くの意識をリフト行うだから、ちゃんとこういう力作は感じがありますね。とにかく、ジューリョーAGAINは読み続けるマンガとして、脳内に記入された事は言うもありません。